株式会社 上関工務店

花巻近郊対応可能。新築、リフォームなど。土地探しから見積もり、設計、施工、登記まで全て承ります。

事業地域

花巻市周辺

※サービス向上の為、
花巻エリアに限定させて頂いております。

 

株式会社 上関工務店 

・建築工事一式請負 (新築工事)
・増改築・全面リフォーム・修繕工事
・各種修理・部分リフォーム工事

 

上関一級建築設計事務所

・建築物の計画立案・設計、設計監理
・工事監理

 

上関土地家屋調査士事務所

・不動産の表示に関する登記について必要な土地または家屋に関する調査または測量
・不動産の表示に関する登記の
申請手続
・不動産の表示に関する登記の
審査請求手続

 

上関測量事務所

・土地の測量・小規模の開発許可申請・位置指定
・道路・水路の設計

 

マイリフォームレシピ

マイリフォームレシピ

 

HOME»  土地家屋調査士

土地家屋調査士

土地家屋調査士について

◆土地家屋調査士とは何か?
「土地家屋調査士」の仕事とは、他人の依頼を受けて不動産の「表示に関する登記」につき必要な土地または家屋に関する調査・測量・申告手続き又は審査請求の手続きをすることを業とします。
◆登記とは?
登記には、「表示に関する登記」と、「権利に関する登記」があります。
≪権利の登記≫
ある不動産について、所有者は誰で抵当権等の担保の内容はどのようかなどの、権利関係を表示するものが「権利の登記」で司法書士がその登記手続きを代行してくれます。
(例:売買や相続の登記・抵当権等の設定や抹消の登記など)
≪表示の登記≫
不動産に関する権利関係を明確にするためには、不動産自身の現状を明確にしなければなりません。つまり、

「土地」については所在・地番・地目(用途)・地積(面積)
「建物」については所在・家屋番号・種類・構造・床面積等の正確な現状を登記簿(法務局に備え付けの帳簿)に明確にする事が重要です。

 

 

この手続きを表示の登記といい、財産及び権利の保全に欠かせないものであり、全ての登記の基本です。尚、この「表示の登記」は土地家屋調査士の業務です。
土地・建物の測量・調査・表示登記
土地・建物を調査測量して、所有者に代わって「表示登記」の申請手続きをするのが「土地家屋調査士」です。
「土地家屋調査士」は次のような業務をお引き受けいたします。

 

測量 土地の測量をして面積を確定したいとき
土地表示登記 道路敷、水路敷等を払下げたり、公有水面埋め立てて新たに土地が生じたとき
土地分筆登記 相続や、贈与または売買などのため一筆の土地を二筆以上に分けたいとき
土地合筆登記 所有している土地の地番がいくつもあるので一つの地番にまとめたいとき
土地地目変更登記 田、畑、山林等を造成して宅地に変更したいとき
土地地積更正登記 土地登記簿に記載してある面積と実際の面積が違うとき
建物表示登記 建物を新築したとき
建物表示変更登記 建物の増改築によって種類(用途)や、構造及び床面積等に変更が生じたとき
建物減失登記 取り壊しなどによって建物が減失したとき
登記簿地図閲覧等 登記簿謄本または公図が必要なとき
土地境界査定申請 道路、水路等公共用地との境目が分からないとき

 

◆そのほかの表示登記
土地地積変更登記、土地地目更正登記、土地減失登記等
建物分割登記、建物合併登記、建物区分登記、
建物表示更正登記等があります。

「土地家屋調査士」は、国が定めた表示登記の専門家です。土地、建物のことでわからないことがありましたらお近くの土地家屋調査士事務所にお問い合せ下さい。